2016年7月25日

知っておきたい印刷の種類!あなたはいくつ知っていますか?

基本的な印刷方法は4つ

印刷は身近なものですが、その内容まではあまり知られていません。印刷の種類をご存知の方は多くはないのではないでしょうか?印刷会社における印刷方法は基本的な方法として4種類あります。雑誌やポスターなどに使われる平版印刷(オフセット)、封筒や名刺に使われる凸版印刷(活版)、包装材に使われる凹版印刷(グラビア)、文房具やTシャツに使われる孔版印刷(スクリーン)です。その他にオンデマンド印刷としてインクジェット、レーザプリンタがあります。

オフセットと凸版印刷の違い

平板印刷は版から一度ゴムローラーにインキを移してから印刷を行うのでオフセットと呼ばれています。現在は主流になっている方法で、文字や写真も綺麗に仕上がり、短時間で大量に印刷できるため雑誌や新聞、ポスターなど多くの紙に印刷されるものがオフセットで作成されています。凸版印刷は印刷する線が凸状になった部分にインキをつけ加圧する方法です。広い範囲への印刷は向かないため封筒や名刺、はがきなどの印刷に用いられます。

凹版印刷と孔版印刷の違い

凹版印刷は凹状の部分にインキを詰め込み印刷する方法です。インキの量で濃度を表現していて写真に適した印刷方法のためグラビアと呼ばれています。孔版印刷はスクリーンと呼ばれる孔版にインキをのせ押し出して転写します。柔軟なスクリーンを使うことで曲面や布にも印刷できることから、生活用品や工業製品など様々な分野で使われています。インキの乾燥が遅いため、短時間での大量印刷には向いていないというデメリットがあります。

印刷を専門で取り扱っている業者では、封筒印刷にも対応しており、迅速かつ丁寧な対応によって安心して依頼できます。