2016年7月25日

レンタルオフィスというサービスというのは

自治体がやっていることもあるのです

レンタルオフィスというものは、実は自治体などがやっていることがあります。自治体が少しでも多くのところが起業をして欲しい、と思っているからです。だからこそ、しっかりとよいところを見つけるべきです。そうすることによって、少しでもコストを下げることができるようになります。固定費を下げることはかなり大事なことなのです。ですから、中小零細とも言いがたい小さな個人事業者のオフィスとして活用することができるのです。

サービスに特価している部分があります

レンタルオフィスとは、様々なサービスに特化していることがあります。例えば、電話の受付をしてくれることもあります。そうした付加価値的なサービスを提供することによって、他のところと差をつけているのです。これはとてもよいことであるといえます。つまりは、少しでもよいところを見つけることによって、安くよいサービスを受けることができるようになるからです。これは大きいことです。僅かなスペースのオフィスであろうとも少しでもよいところにするべきなのです。それが事業のためであるといえます。

とても小さなオフィスであろうとも

たった一つの机のスペースであろうとも十分に会社として成り立つのです。会社の住所として使うことができるのです。ですから、こうしたサービスにかなり需要があります。どうして、小さなスペースであってもメリットがあるのか、といいますとそれだけでも都市部にオフィスを持っている、ということが一つのメリットであるからです。ですから、それだけでも会社としての価値が上がるからです。対外的にも色々とメリットがあるわけです。

賃料が10万円以内の福岡の賃貸事務所は、会社を設立したときの入居に最適です。特にフリーレント付きの物件は、若手経営者の間で注目されています。