2016年7月24日

誰でも簡単に始めることができる自営業!!

自営業の始め方の色々

自営業というのはその名の通り、自分で営業をしていくことなので少し敷居の高いものだと思う人は多いでしょう。自分でやるのでその全てに自分の責任が関係してくるのでリスクが高く、なかなかやりたいと思う人は少ないように思います。ところが近年パソコンが普及し始めてからは、パソコン関係での自営業を営む人が増えています。これは初期費用などがほとんどかからないで始めることができるので、比較的誰でも始めることができます。

自営業に関する知識を身につけること

まず自営業を始める前には、開業をするわけですから税務署に届出をしなくてはなりません。最悪この申請をしなかったとしても確定申告の際に無申告でなければ大丈夫ですが、自営業は全てを自分でしなくてはならないので申告関係の知識はある程度持った上で始めましょう。そうでなければ、開業したてでただでさえ忙しいのでそれらを調べている時間がありません。なのでそういった自営業に関しての常識は身につけておきましょう。誰でも始めることはできますが、そのあたりも全て自分でしなくてはならないのは面倒な部分でもあります。

申告の際の注意点など

そうして開業し、ある程度落ち着いてくるとそれなりに売上もあがってくるでしょう。そうなった時には売上などの記録をしっかりと帳簿などに書きとめておくことが必要です。自営業の場合には申告の際、白色申告と青色申告の二種類があります。そのどちらにするかによっても提出する書類は違いますが、青色申告の場合は細かく帳簿を書きとめて提出しなくてはならないので、その帳簿は日々つけておく必要があるのでその点などもしっかりとこなしながら営業していきましょう。

フランチャイズとは、それに加盟する人や法人が本部からお店の看板、商品を使う権利を貰い受けその対価を本部に支払うという仕組みであり、効率的に店舗を拡大することが出来る経営戦略です。