2016年7月24日

スパイ気分で!?自分の生活にフェイクを入れよう

女性の一人暮らしなら理想の彼氏と暮らすフリを

自分のプライバシーはなるべく守りたいですが、ビクビクしたりピリピリしたりすると生活を楽しめなくなってしまいます。どうせならちょっと楽しんで対策したいですよね。たとえば女性の一人暮らしは何かと危ないと言われ、男性ものの下着を干したり、男性ものの靴を玄関に置いたりというフェイクがすすめられます。ただこれもプライバシー対策として行なうと面倒だったり気が重かったりします。秘密組織のスパイ気分で行なうなど、楽しんでしまいましょう。

好みの男性と一緒に暮らしている設定がおすすめ

たとえば男物の服をフェイクとして干すときにも、「自分の夫や彼氏ならこんなファッションがいいな」と設定を決めたりするのです。玄関に置く靴も、「近所に住む彼氏がサンダルで来ている設定」など楽しんでしまいましょう。理想や好みの異性を思い描いていると恋愛運がかなう、ということも言われますので一石二鳥です。義務的にやっているとむなしかったり飽きてしまうので、面白がって行なうことがポイントです。食料を2人分購入するなどのフェイクも効果的でおすすめです。

ネガティブに捉えないことがプライバシーを守る

「怪しい人に目を付けられたくない」「ストーカーがこわい」などとネガティブに捉えていると気持ちも暗くなり、不安が強くなって依存が生まれ、結果としてつけ込まれることも増えてしまいます。ネガティブに捉えず、スパイごっこや理想の彼と暮らしているフリなどで楽しんでしまえば自然とプライバシーも保護でき、自分自身も快適です。もちろん、実際に彼氏や夫がいてもプライバシー対策は必要ですから、独身時代から広い視野で危険を避けるクセをつけておきましょう。

機密文書の保管方法に気を使うことで、顧客や従業員の情報を長期的にしっかりと保持することが可能となります。